株式会社逸和工務店|建設工事|土木工事|不動産売買|愛知県岡崎市

 
 

Part33 9年の軌跡『悪党そのM』

Part33 9年の軌跡『悪党そのM』
 
9年の軌跡として「公園緑地整備工事(交付金)(仮称)油ヶ淵水辺の学習館建築工事」の出来事を当時現場担当従業員らの記録と裁判所提出済証拠をもとに振り返って掲載しますのでご覧ください。
 
主な登場人物の相関図はこちら
 
Part33 9年の軌跡『悪党そのM』
「全部壊した方が、いいんじゃないの。」と建築の素人である天谷重治がわけのわからない事を言いだした。もう何を言っても埒が明かない状況に陥っていた。公共建築工事標準仕様書には、「公共建築工事標準仕様書6.9.6(b)設計図書に適合しない場合は、監督職員の指示を受けた方法により補修を行ない、補修後直ちに監督職員の検査を受ける。」と言う決まりがある。それを根拠として質問をすれば、しっかりとした回答や指示が出されて、工事が進められると思った。しかし…
 
矢野
「一方的な指示しちゃっていいんであれば、全部壊しましょうって言うのが一番早いですけど、それでいいですか。」
当社従業員
「その辺の話は逆に監督員三宅さんにも確認したいんですけど、標準仕様書にはコンクリートで不合格(設計図書に適合しない場合)になった場合の補修方法は、監督職員の指示による補修方法で補修するって書いてあるんですけど。」
矢野
ならもう全部壊しましょう。」「それでいいですか。」
当社従業員
そういう話(壊す)で三宅さんの方もよろしいですか。」
三宅安
「出来形不足、即(壊す)、っていうのはちょっと僕もそこまで知識がないので、そうですよとは今言えませんけども。」
最終判断はうちがしますよ。
「監督員の方が最終的にはそれ(公共建築工事標準仕様書)に基づいて、じゃあこういう風にやりましょうと、こういうのをやりましょうとか、そういう話をさせて頂く。
 
 
三宅
「柱脚アンカーこれ、基礎コンクリート出来形がこれ、という物が出された、という事ですかね。そういう事でいい?」
当社従業員
「はい。」
矢野
これに対してきちんと回答する。」
三宅
そうするとこれについて、うちらもね、回答するという事ね。以上、
 
などと言っておきながら、三宅安(やすし)は、一切回答する事は、無かった。その傍らで、三宅安(やすし)は、公益社団法人愛知県建築士事務所協会と密会して、「アンカーボルトを含む基礎コンクリート全体を撤去して再施工する以外に方法はない」とした「意見書」を当該協会に提出させる事を企てた。三宅安(やすし)は、「回答する」と当社従業員を騙して意図的に工期(時間)を消耗させながら、催告も無く突如として、工事請負契約解除通知書を一方的に送り付けてきたのである。三宅安(やすし)は、姑息な手段を使う相当な悪党である。その悪党は、未だに地方公務員法でも処罰を受けていないのであるから不可思議である。
 
 
※「公共建築工事標準仕様書 6.9.6 構造体コンクリートの仕上り及びかぶり厚さの確認」(b)『~設計図書に適合しない場合は、監督職員の指示を受けた方法により補修を行い、補修後直ちに監督職員の検査を受ける。』と記述されている。
(平成28年版にはなるが https://www.mlit.go.jp/common/001472791.pdfのP52)
※上記の反訳は抜粋の為終始録音データを確認したい方は、是非お問い合わせください。
 
(⊃°̀ω°́)╭☞ ~名前を名乗れない人物A~ いよいよ登場 
 
 
「公園緑地整備工事(交付金)(仮称)油ヶ淵水辺の学習館建築工事」には交付金が交付されている。即ち日本国民の税によって運営されており、約8年間これ関わる維持管理費だけでなく、裁判費用これに関わる職員及び弁護団の費用も税で賄われているのである。要するに税金の無駄遣いを拡大しているのである。
Part33 予告 9年の軌跡『悪党そのM』
次回は6月17日配信予定です。
 
お楽しみに。
 
 
株式会社逸和工務店
〒444-0007
岡崎市大平町字新寺37番地1
────────────────
・総合建設業
・土木工事業
・不動産業
────────────────
・愛知県知事許可
 (特-3・般-3)
────────────────
qrcode.png
http://www.itsuwa.com/
モバイル版はこちら!!